周波数共鳴装置

最新健康管理コンピューター『ニュースキャン』を導入しました。

Newscan SWU

『いつまでも健康で、長生きしたい』
全ての人の願いです。
日本は世界有数の長寿国ではありますが、残念ながら健康寿命が長いわけではありません。
(健康寿命とは:日常的、継続的な医療、介護に依存せず自らの心身で自立し、生命を維持できる生存期間のこと)
しかし、健康に不安を感じながらも、健康のために具体的に何かをしている人や、自分の健康状態をチェックするなど、日頃から健康管理、未病ケアをしている人は少ないように思われます。
このニュースキャンは、耳にヘッドフォンを装着し、超低周波音を流すことで、体内の膨大なデータをコンピューターで分析し、身体のアンバランスな状態をチェックしてさまざまな可能性を類推し、健康に関する有益な情報を導き出してくれます。
また、この機器はロシアの宇宙開発の一環で、長期に渡り宇宙飛行士が医者にかかることができない状態をカバーするために開発された、予防のための新時代の健康管理機器で、最新の技術と世界の伝統医学の融合により、全身の細胞(約630か所)の不調を分析し、身体のアンバランスな状態が「なぜ」起きているのかを導きだし、そのアンバランスな状態を整えるサポートをしてくれます。

Newscan SWU
今現在、健康に良いと思って食べている物も、もしかしたらあなたの身体には合っていないかも知れません。他の人には良くても、あなたには合わないかも知れません。
まずは現在の「自分の身体の状態を知る」ことです。
すると「自分には何が必要なのか、何が合っているのか」が見えてきます。
まさにニュースキャンは、ご自分の身体の弱点を発見し、それを可視化してくれます。
健康になるための予防に取り組んでいる方にはかかせない健康管理機器です。
ロシアの宇宙飛行士の健康管理にも採用されているという事がメディアで報じられて話題になったこの機器のテクノロジーは、MRIやCT等の従来の検査機器とは全く異なった理論とテクノロジーで作られています。
簡単に表現すると、ニュースキャンは身体の各部の振動(周波数)の乱れを測定するものです。
すべての生物の細胞はラジオの仕組みと同様に、同じ周波数で同調して情報交換をしています。それがひとたび周波数がずれてしまうと、ラジオの周波数が合わず聞こえないのと同じく、細胞同士の情報交換がうまくいかなくなってしまいます。
周波数の乱れが強いほど、身体の中でアンバランスが生じ、体調を崩しやすくなります。
元気がなくなった細胞や組織は、元の固有の周波数からズレていきます。
その周波数のズレを検知することで、細胞の状態を把握し周波数のズレを調整すれば、また元気になっていくと考えられます。
このニュースキャンは、全身の細胞の周波数を察知し、ズレを解消していく量子力学に基づいた最新の健康科学機器なのです。
ヨーロッパやアジアの様々な国々では医療機器として幅広く医療機関で活躍しています。
全身約630箇所の中から、今のどこがアンバランスな状態かを教えてくれます。それは脳や心臓、肝臓や腎臓、肺や腸という大きな臓器はもちろん、血管や神経、さらには染色体、DNAレベルまで可視化し、得られた情報はパソコン画面で瞬時に見ることができます。
このニュースキャンが自動であなたの身体のアンバランスな所を抽出し可視化してくれます。
レントゲンやMRIなどは専門家が見ないと分りませんが、このニュースキャンは6段階のマーク表示ですので、誰が見ても分かるぐらい理解しやすくなっています。

※病気の診断を確定するものではありません。

このニュースキャンでは、あなたの今の身体に「合う食べ物」「合わない食べ物」なども教えてくれます。食べた物が人間の身体を造ります。身体に合わないものをいつも食べている可能性もあり、それが身体の不調を招いている可能性もあります。
石や薬草も固有の周波数を持っています。そして人間の周波数と共鳴することにより、自分にとってプラスに働いたり、マイナスに働いたりします。自分の周波数と合う物を取り入れる事によって細胞が活性化し調子が良くなることもあります。
対処能力を上回るほどのストレスを経験したり長期間続いたりすると、ストレス反応も慢性化していきます。ストレス反応が慢性化すると、パフォーマンスが低下します。
多くの方が「ストレス」によってバランスを崩しているようで、特に子供の頃に植え付けられた潜在意識に問題があることも多いようです。
このニュースキャンではどの部分が大きなストレスを受けているのかも判別します。
そして、そのストレスの負の連鎖によって体全体のパフォーマンスが低下してくることも分かってきています。
研究において、潜在意識は私たちの普段の行動、思考、意思決定に大きく関与していることがわかってきました。
潜在意識の重要性にいち早く着目したのは、あの有名な心理学者である、「ジークムント・フロイト」です。
この研究結果からも、潜在意識に悪い情報が詰まっていると、当然、自分の人生にも悪影響を与えると考えられます。
また現代の生活は様々な化学物質に囲まれています。遺伝子組換えやゲノム編集食品、放射能、水、農薬、ホルモン剤、食品添加物、砂糖、人工甘味料、タバコ、産業廃棄物、ダイオキシンなどのさまざまな化学物質等によりめまい、頭痛、全身倦怠感、不眠、物忘れ、イライラなど何となく体の不調が続いている人が増えています。
これがどういった環境が影響しているかも判別してくれます。
そして、このニュースキャンを使ってアンバランスになった身体に本来の正常な周波数を送って調整することで、周波数の共鳴共振の原理が起こり、生命エネルギーの乱れを改善してくれます。

リンゴやコップやヒトなど、この世界に存在する全ての物質は、それぞれ固有の周波数(振動数)を持っています。
そして、それはノーベル物理学者のマックス・プランクらによって証明されています。
もちろん人の内臓や骨にも固有の周波数が存在しており、その周波数(振動数)は、健康な時、体調を崩している時、病気の時とでは大きく異なることがわかっています。
その周波数を読み取って独自の健康指標を確認したり、周波数を整えたり、が可能な最先端のテクノロジーが組み込まれた数少ない健康管理機器がこのニュースキャンです。周波数の乱れた組織へ正常な超低周波音をあて、本来組織が持つ周波数に調律すれば、自然治癒力がアップし身体のバランスが整ってきます。
量子物理学の世界では周波数が健康な状態からずれて、それが体全体に及んで機能が低下している状態を「未病」、機能に障害が出た状態を「病気」と言います。そしてこのニュースキャンはその周波数のわずかなズレを捉え、改善するという概念に基づいて開発されました。
このニュースキャンは、医療先進国のドイツ、ロシアなどでは医療機器として治療に使われ、保険を適用できる場合もあるほど認知されています。
残念ながら、日本では医療機器としては承認されていません。また保険も適用外ですが、手軽に今の自分を知り「健康で長生き」を実現する為の手段として最も有効な機器の1つである事は間違いありません。

《料金》

※初回(約60分) 20000円
問診+全身スキャン+セラピー+食事生活指導

※2回目以降(約30分)5000円
全身スキャン+セラピー

*スキャン=身体の細胞の周波数の読取り
*セラピー=身体の細胞の周波数のズレを改善

☆現在、広くこの機器の良さを知っていただく為に初回20000円を10000円で行っております。